▷ LP制作のご依頼はこちら

もう居ないけど、今も生きている。

今日は父の命日。

父がいなくなって丸5年経ちますが、先々月も父のファンと出会いました。

父にお礼を言いたいと、Twitterで当時購入してくださった父の作品をアップして投稿してくださったそうで、

たくさんの情報が寄せられ、父の死を知り、私に辿り着いたとのこと。

とにかく驚きました。。

普段の生活で、ものを購入するときに、これを作ったのは誰ですか?と聞くことはほぼありませんが
父のような陶芸家の方は、初めての購入時に名前を聞かれることはよくある光景です。

ですが、何に驚いたかって

名前を聞き忘れたけどもう一度会いたい!

とその作品に滲み出る個性や、その時の詳細をSNSで言語化しただけで、
見つかっちゃう、、という事実。

ネットの偉大さを感じました。

更には娘の私のアカウントを特定し、ご丁寧にメッセージまでくださり、、。

私とは面識のないその方から
私の知らない、父とのエピソードを聞き、
Twitterで探していたらバズったことに対し謝られ、
購入されたお茶碗を愛用してくださっていること、
父が亡くなったことを探すまで知らなかった事実、
父と会ってお礼を言いたかったけど会えずに残念だという想い、、

私はただただ、嬉しい気持ちしかありません。

たまたま家族だったというだけで
こんなに素敵な体験をさせてもらえるなんて。

昨日は、母から連絡があり、市役所に父を探す東京の方から
問い合わせがあったと連絡を受けたそうで。

本当にやりたいと思えばその想いの強さで
いくらでも繋がれる時代なんだなと。

出会えてしまう時代なんだなと。

幸せのカタチは人それぞれ。
それって、一見、バラバラのように見えても、
こうやって繋がることだってある。

言葉としては耳タコで聞いていたけけど
想いを発信し続けるって、
本当に大事なのかもしれない

Webを”ツール”として
たくさんのヒトと繋がるために活用していいんだ

今の私の活動も、方向性は間違っていないんだ

と確信できた。

これからも、個人ビジネスのLPを作ることで
ヒトとヒトとの”ココロ”を繋いでいきたい。

その先にある”それぞれの空間”で、
笑顔を増やしたい。

それを叶えるために、想いを素直に、発信し続けていこう。

そう思えた夏休みでした^^

また父から、大事なこと教えてもらっちゃったな。

PSこの写真は、ファンの方が、4年前に開催してくださった父の遺作展。

今までお世話になった方々や、遠方に住む親族や私の同級生までも
足を運んでくださって、家族にとっても
思い出深く、そして有難い場を企画してくださいました。

私たち家族だけでは決してできない、

”愛される”ってコトバが似合う

そんな空間でした。

関わってくださった方々に改めて、心より感謝申し上げます。
今後とも作品を通じて少しでも父を思い出していただけたら幸いです。

PPS
私が”ネットで仕事”をすることに猛反対だった父。
写真は実際の色と違うから「茶碗はネットでは売りたくないっ!!!」と、
頑固オヤジに断られたことをふと思い出しました。。。笑

父さん。”こういう使い方”なら、ありじゃない?w

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!
もくじ
閉じる